文京区根津・台東区谷中で胃腸内科・外科・整形外科・リハビリテーション・訪問診療・訪問歯科をお探しなら、谷根千クリニックへ|土曜日、祝日も休まず診療

整形外科

整形外科整形外科は骨・関節のみではなく、脊椎、脊髄、末梢神経、筋、靱帯を含めた極めて広い対象を扱う診療科です。

当院の整形外科では骨格・関節・筋肉・神経など運動器系統の機能障害の予防及び治療として、各種の保存療法、とくにリハビリテーション部門とは密接な連携をとりつつ診療をすすめています。
手・足・肩・膝などの関節痛、首・腰・骨盤などの痛みをはじめ、骨、関節、脊椎、筋肉、腱、靭帯、神経の障害など整形外科全般の治療についてご相談ください。
また、スポーツでのケガなどにも対応します。

なお、診察後に必要に応じて他の科への受診をご案内する場合がございます。
 

取り扱っている主な疾患

外傷、手・肩・腰・膝等関節疾患(腰痛・関節痛・ひざ痛・肩痛、肩こり・ねんざ・打撲・骨折)、骨粗しょう症、スポーツ疾患、整形外科全般の疾患

骨折治療に超音波治療器(オステオトロンV)を導入しています

LIPUSによる音圧効果で骨の形成を促進し治療期間を約40%短縮
LIPUS(Low Intensity Pulsed Ultra Sound:低出力パルス超音波)の音圧効果により、骨折部位の骨の形成を促進し、骨癒合期間を約40%短縮できます。


 

診療時間

 
9:00~12:00××
14:00~18:15×××
13:00~17:00×××××××
  • 土曜日の午後は13:00~17:00となります。
  • 祝日(水・日曜日を除く)も診療。(年末年始は休診とさせていただきます)
  • 小児(15歳未満)の方の内科疾患及び頭部外傷については、当院での診療が困難なため、専門の医療機関への受診をお願いいたします。
    ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い申し上げます。


 

骨粗しょう症について

骨粗しょう症は加齢・更年期や閉経・ダイエット・他の病気が大きな要因です。
骨密度は20歳前後でピークに達します。その後、40歳代半ばまではほぼ一定ですが、50歳前後から急速に低下していきます。
また女性の場合は閉経期を迎えて女性ホルモンの分泌が低下しますと急激に骨密度が減り、同年代の男性に比べて骨密度が低くなります。一方、成長期の過度なダイエットも将来の骨密度に悪影響を与えます。

当院では、加齢による骨粗しょう症が原因の骨折で寝たきりとなる「ロコモティブ症候群」の予防と治療に取り組んでいます。
骨密度測定器で診断を行い、飲み薬・注射・点滴により継続的な治療を行っています。

文京区根津・台東区谷中の胃腸内科・外科・整形外科なら TEL 03-3827-2731 東京都文京区根津2−33−14
千代田線根津駅より徒歩5分

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP